HOME>オススメ情報>建築をシステム化することでコストカットが出来る
男女

建築業も業務の効率化が求められている

大切な住居を立てる仕事をするのが建設業ですが、その建設業に新しい形が出来上がりつつあります。その建設業の新しい形というのが、パソコンに専用ソフトをインストールしその中で建築図案を作るシステム建築です。これまでの建築図案の作成は、業者が何度も会議で話し合ったうえで紙面で掲載をする形になります。ただそのやり方の問題点は、専門知識がないと伝達が難しいだけでなく紙面ではわからないような細かい部分の間違いを把握できない点です。そこで建築業界も、建てる住宅の質を向上させるためにIT技術を取り入れることにしたのです。わかりやすい例がCADであり、CADでパソコン上で住宅の図案を構築することにより立体的に構築するので細部までわかりやすくなり建築家庭を効率化できます。

余分なコストをかけなくて済む

システム建築が注目されるようになったのは、注文住宅よりも分譲住宅が望まれるようになったからです。分譲住宅というのは、不動産屋が持っている土地権利を売らずに保有したまま、その土地に建築企業と提携をして家を建ててしまいます。注文と違ってあらかじめ決められていた図案をもとに設計をするので安くなり、不動産屋としては土地の権利と一緒に売り払えるので利益を上げやすいです。ただ分譲住宅を建築する場合において、そのニーズというのが、出来るだけ安く手に入れたいということです。そこでシステム建築を取り入れることで余分な材質と工程をカットできれば、コストカットが出来るのでニーズに応えられます。

比較的短期間で建設が出来る

システム建築が取りいれられるようになったのは、業務の効率化によって従業員の負担軽減が出来る点です。どうしても建築を始めると、従来では5か月はかかってしまうのです。その理由として、これまでは紙面で行う形だったのでわからない点は後で付け足すことで性能の良い家に作ります。しかしこのやり方では完成までの時間がかかってしまい、実際に建設にかかわる人材に負担が大きくなってしまうのです。そこでシステム建築を取り入れることで、工程を流れとして構築しておけば余計な時間をかけなくて済むので短期間で建設が可能となり従業員の負担軽減につながります。