信頼できる会社を選ぶには

作業員

システム建築が可能な会社を選ぶ際には、過去の実績や全ての工程を自社で実施できるかどうかが重要なポイントです。計画から施工までの全ての段階を外部の会社に委託した場合には仲介手数料が発生するため、工事のコストが高くなる可能性が考えられます。建築会社と外部の会社が上手く連携を取ることができずトラブルが発生した場合には、工事の品質にも影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。計画から施工までの全段階を自社で行うことができる会社ならば、施工の際にトラブルが起きて品質に影響が出るのを防げます。様々なコストが発生するのを抑えられるだけでなく工事期間が遅延しにくいというメリットもあるので、実績豊富で全ての工程を自社で実施可能な会社を選ぶとよいでしょう。

コスト削減を図ることができます

説明

システム建築は計画から施工までの流れを全てシステム化した建築方法のことで、規格化された工法を使うため在来工法と比べてコストパフォーマンスが優れています。工場や倉庫などを建てる際には納期やコスト削減が重視されますが、この建築方法を採用すればコストを抑えられるだけでなく企業の利益を最大化するのにも有効です。建物が完成した後の形をイメージし、稼働している状態を予めシミュレートすることで効率的に事業を展開できるようになります。システム建築は部材と工程がシステム化されているのが特徴で、部材のサイズはある程度標準化されていて仕様が決まっているので手配に時間やコストがかかりません。部材はサイズが決まっていますが必要に応じて1mm単位で調整が可能なので、工場などの建物を短期間かつ低コストで建てたい場合に最適の方法です。

様々なメリットがある建築方法です

間取り図

システム建築は使用する部材や工程がシステム化されていますが、部材のサイズは調整が可能でありテントやプレハブと比べて効率的に高品質な建築を行うことが可能です。この建築方法には生産性が高いだけでなく、コストパフォーマンスが優れているため顧客満足度も高いというメリットがあります。同規模の工場や倉庫などを建築する場合にシステム建築は在来工法と比べてコストを抑えて工事期間を短縮でき、完成した建物の耐久性は遜色がありません。在来工法には素材や形状などオリジナルなものを選べるだけでなく、予算や工事期間を気にしなければ設計の自由度も高いという特徴があります。しかし工場や倉庫など事業用の建物で必要とされるのはデザイン性ではなく機能性やコストの安さであり、利益の最大化を図るのであればシステム建築の方が適しています。システム建築による建物は強度と耐久性が優れているため、工場や倉庫の他にも事務所や店舗などとして使うことができます。在来工法の方が設計の自由度は優れていますが、システム建築でも構造や部材を検証して希望の条件を満たす建物を建てることは可能です。